2023年02月08日

【日本の漁業はどこに向かうのか】シリーズ5~稼げる漁業の可能性はどこにあるのか?

漁業による漁獲量は1980年以降ほぼ横ばいの状況であるのに対して、世界における漁業生産量は増え続けています。

 

世界の漁業は成長産業でありながら、日本の漁業は衰退しているという話をよく聞くようになりました。これほど海に囲まれた国は珍しいのに、なぜ漁師は儲からない商売と言われるのでしょうか?

 

日本においては個人でやっている漁師、もしくは小規模の組織で漁業をしている場合が多い状況です。取ればとるほど資源が減り、漁獲量も減り収入も減ることは漁師の間で認識はされているようです。しかし、自分が漁獲量を減らしても他の漁師がとりすぎれば資源は回復しない。よって競争原理が働き、漁師は収入を上げようと、漁獲量を増やそうとするが資源が減るので結果的に収入が伸びない構造にあります。

 

◆日本の漁師の収入はどのくらい?

ノルウェーでは水産業の平均年収は2000万円と言われています。

一方で日本は漁師の年収はボリュームゾーンで400万円前後、平均344万円になっています。就職して漁師となる場合、給与は歩合で決まることが多く、その月や年の売り上げによって変動します。

※画像はこちらからお借りしました。

自然相手の商売になるので、毎月安定した漁獲高となり売り上げが上がるとは限りません。また、個人事業主の場合、福利厚生はまったくありません。一方で、漁業組合などに属して働く場合は、出漁手当、食料手当、住宅手当などが支給される場合もあります。

近年はさまざまな燃料代が高騰しており、漁船漁業における支出の約2割を占める燃油は、漁業経営に大きな影響を与えています。場合によっては漁獲量によっては漁に出れば出るほど赤字となってしまうこともあります。また、漁師は自ら船や網などといった、漁に関する設備を維持していかなくてはならないため、支出が多いのが特徴です。

 

◆成功事例の真似から

佐渡のエビ漁は、ノルウェーをはじめとした海外で漁業を儲かる商売に転換させた資源管理方法のひとつである、個別漁獲割当(IQ=Individual Quota)制度を本格導入したエリアです。

「個別漁獲割当(IQ)制度」とは何か。平たく言うと、獲り放題で早い者勝ちの漁をやめて、漁業者や漁業体ごとに「年間何キロまで獲っていいか」を事前に決めること。

 

この制度によって獲っていい上限が決められると、漁師側はとにかくエビをたくさん獲ろうという努力から、価値のあるエビを優先して獲るように努力の方向が変わっていくことになりました。つまり、価値の低い小さいエビは逃がし、価値の高い大型のエビだけを獲ることになり、それによってエビ漁が持続可能に。

 

また漁獲量が決まっているので、相場の高い時期のみを狙うようになったこと、一つの経営体の持つ漁船の数も減らしたことで経費も削減され、海がシケたら無理をせずに休むという選択肢ができ、他の船との競争意識も薄くなったということです。

IQを始めたときに比べて、今は1.7~1.8倍の水揚げ金額があります。漁をするのが10か月間で、年間200回も出ていないにもかかわらず、余裕もできて社会保険も厚生年金も加入。

※画像はこちらからお借りしました。

◆くら寿司の漁師をささえる取り組み~企業と一体化して漁師の収入を増やしていく

くら寿司は漁港で獲れる魚を直接買い付け、独自のルートで配送することで、漁師さんの収入安定化を図り、共存共栄を目指す取り組みをしています。

 

まず、定置網にかかった国産天然魚を年間契約で丸ごと買い取る「一船買い」。定置網には、人気の高い魚の一方で、品質が良く、おいしいにもかかわらずあまり知られていなかったり、加工や調理の仕方が難しかったりなどの理由で市場にあまり出回らない魚もかかります。こうした魚は比較的安値で取引されることが多いのですが、様々な種類やサイズの魚も買い取っています。

 

一船買いを進めるにあたり、課題だったのが未成魚の有効活用でした。そこで取り組んでいるのが、天然の未成魚を人工の生けすで育てる「畜養」です。1年から1年半ほどかけて育て、寿司ネタとして出荷することを目指しています。

 

また、魚の約40%にあたる骨やアラといった食べられない部位の活用が課題としてありました。

この課題を解決すべく、骨やアラを魚粉にし、くら寿司で販売する養殖魚のエサの一部として活用することにしました。

定置網漁から養殖のエサまで、漁業関係者と一体化して利益を上げていく仕組みになっています。

※画像はこちらからお借りしました。

◆流通から儲かる漁業を考える

漁業が儲からない原因の一つに売り手側に価格の決定権がないことがあります。現状の漁師の手取りが決まる仕組みは、釣った魚を仲卸しに持って行って市場で競り落とされた値段から手数料を引いた金額が、漁師の手元に残る構図になっています。市場は、法律で漁師が捕った魚を必ず荷受けしなければならないという決まりがありますので、出したい物は拒めないのですが、いくらになるかはわからないというのが現状です。

 

水産物の流通総額はだいたい加工品も含めて3.8兆円あるといわれていますが、その内の1%も電子商取引(オンライン販売)されていません。

 

売り手の魚の産地と、買い手のバイヤーをつなぐプラットフォームを利用することで基本的に売り手側が値段を決める仕組みです。オンライン上で情報を交換し、水揚げが少ない場所に釣った魚を卸すことで値段をコントロールできます。

※画像はこちらからお借りしました。

岡山の笠岡市漁港では、ほとんど既存の市場に出さずに自分たちで値段を決めて、開拓した先に販売しています。結果、年収が500万円〜600万円くらいあるとのことです。

※画像はこちらからお借りしました。

◆まとめ

今回は儲からない日本の漁業から稼げる漁業への可能性はどこにあるのか?を追求しました。

 

一つは現在行われている獲れるだけ獲るという競争原理のはたらく漁業からの転換が必要であるということ。もう一つは価格決定権が買い手にある仕組みから、漁師が決定できる流通システムを整えるということ。

 

調査する過程で多くの漁業関係者がこのままではよくないと認識しながら転換できずにいます。成功事例はいずれも国が関与したり、民間企業の参入、ITを使ったプラットホームの作成など漁業関係者以外からの動きが目立ちます。

 

実は世界的にみると漁業は成長産業であり、やり方次第で十分稼げます。異業種参入、流通改革など新しいことを積極的に取り入れることで稼げると認識されていけば日本の漁業が復活していくのではないかと思います。

 

参考文献

https://sdgs.yahoo.co.jp/originals/16.html

https://www.kurasushi.co.jp/mirai/fish.html

https://myojowaraku.net/article/12104

https://www.kurasushi.co.jp/author/003038.html

https://sdgs.kodansha.co.jp/news/knowledge/41389/

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "【日本の漁業はどこに向かうのか】シリーズ5~稼げる漁業の可能性はどこにあるのか?"

posted by muramoto at : 2023年02月08日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2023年02月04日

「主食って何?栽培の歴史から主食を見る」第5回~米はどうして主食になったのか?

こんばんは☆

普段私たち日本人が当たり前に食べている、”お米”。


でも、なぜお米は私たちの「主食」になったのでしょうか?

主食たりえた理由がそこにあったのではないか。
今日は、改めてそこを追求してみたいと思います♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "「主食って何?栽培の歴史から主食を見る」第5回~米はどうして主食になったのか?"

posted by tanimitu at : 2023年02月04日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2023年01月16日

【「食べる」と「健康」その本質に迫る】その4~海綿動物の摂食様式

「食べる」ことの本質に迫るため、本シリーズでは人間以外の様々な生物の「食」を探索しています。前回記事では、食の起源を探るために進化系統樹に沿って進化史を見てきました。食という行為は単細胞生物の時代から存在していて、より古い時代、原始の生物の振る舞いの中にこそ、食の本質が隠されている気がします。

今回は、前回登場した生物の中で「海綿動物」(カイメン)に着目してみます。

こんな得体のしれない風貌ですが、実は海綿動物は私たちの直系の祖先であり、かつ、最初に多細胞化した動物(従属栄養生物)である可能性が高いからです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "【「食べる」と「健康」その本質に迫る】その4~海綿動物の摂食様式"

posted by tana-sun at : 2023年01月16日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2023年01月12日

【日本の漁業はどこに向かうのか】シリーズ4~最先端の養殖技術を生み出したかつての日本、民間企業の技術開発によって養殖技術を発展させたノルウェー

※画像はこちらからお借りしました。

世界の漁業生産量は1960年に3000万トンだったのに対して2016年には21,000万トンと、約50年もの間で3.5倍にまで拡大しています。
漁業による漁獲量は1980年以降ほぼ横ばいの状況であるのに対して、世界における漁業生産量を押し上げているのは、「養殖における生産量の大幅な増加」であり、その割合は世界の漁業生産量の半分以上を占めるほど増加してきました。

近年の水産業における生産量の増加はほとんどが養殖業の発展によるものであり、世界の漁業先進国と呼ばれるノルウェーなどは養殖業を発展させることで世界でも有数の漁業生産国となっています。

世界、日本の漁業構造を捉える上で、養殖の歴史、状況を押さえることが大切になります。
今回は日本における養殖発展の歴史と課題、日本と世界の養殖業の違いを見ていきたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "【日本の漁業はどこに向かうのか】シリーズ4~最先端の養殖技術を生み出したかつての日本、民間企業の技術開発によって養殖技術を発展させたノルウェー"

posted by tiba-t at : 2023年01月12日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2023年01月07日

「主食って何?栽培の歴史から食を見る」第4回~主食のはじまり(根菜栽培編)

世界の主食には米、麦が最も中心的ですが、もう一つの主食である芋、バナナ、サトウキビに代表される根菜栽培を最初に見ておきます。またこれらの栽培種は主に東南アジアから南米に存在し、米や麦にある政治性や栽培支配といった穀物の歴史とはまた異なった所謂、地場の名も無い農耕民の工夫の中から生まれ育ってきた過程があります。

栽培という意味では麦、コメよりも古くから始まっている可能性もあるバナナ、芋は米や麦の異なり種からの栽培ではない点が特徴的です。バナナも芋も1万年以上前から栽培されていたとされます。その最大の特徴をあげれば野生種と栽培種の違いで、品種改良を人類が初めて行ったのがバナナであり芋であるという事です。品種改良って何というのも含めて俯瞰してみます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "「主食って何?栽培の歴史から食を見る」第4回~主食のはじまり(根菜栽培編)"

posted by tano at : 2023年01月07日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2023年01月04日

自然を通じた成長シリーズ③~自然と子ども達の関わりから見えてくる可能性~

前回のブログでは、日本人の意識潮流を時代の流れに沿って追いかけていきました。社会不安や公害問題により何を大事にするかの価値観が変わっていき、生きていく上で必要なものは何かを追求するようになった。
結果「自ら作っていただく≒自給自足意識」の高まりにより多くの人が自然や農業への可能性を感じているということがわかりました!

 

それを踏まえ今回からは、教育的観点での自然の可能性について追求していきます。実際に塾現場で働き外遊びから感じた自然と子どもの関わりの重要性についてお話しします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "自然を通じた成長シリーズ③~自然と子ども達の関わりから見えてくる可能性~"

posted by yokohira at : 2023年01月04日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2022年12月30日

【農の最前線にせまる】第3回:有機農業×テクノロジーは、農業の再構築を促進していく!

(画像はコチラからお借りしました)前回は、収益性を追求した「あさい農園」を紹介しました。今回はアグリテックの可能性の追求の一つとして、有機農業との相性について検証してみます。有機農業が置かれた状況と課題から、アグリテックはどのような可能性をもっているのでしょうか。具体的な事例を紹介しながら、みていきたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "【農の最前線にせまる】第3回:有機農業×テクノロジーは、農業の再構築を促進していく!"

posted by suzu-kun at : 2022年12月30日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2022年12月29日

【日本の漁業はどこに向かうのか】シリーズ3~古来よりの集落共同体における自主管理の仕組みを色濃く残した日本の漁業制度

※画像はこちらからお借しました。

日本は古来より漁業を行い、水産物を食べて生活してきました。
戦後は世界有数の漁業国として栄えてきましたが、年々漁獲量が減少している状態です。

今回は、日本の漁業がどのように営まれてきたのかを見ながら、現代の日本における漁業の課題を考えていきたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "【日本の漁業はどこに向かうのか】シリーズ3~古来よりの集落共同体における自主管理の仕組みを色濃く残した日本の漁業制度"

posted by muramoto at : 2022年12月29日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2022年12月29日

【不耕栽培の可能性】エピソード2~不耕起栽培の実践事例①★大阪の学習塾が営む「農業塾」から~

前回のブログでは、

・「不耕(起)栽培」というものは、世界各地で実践されているが、目的や技術は様々

・海外では、「耕運を行わないことによる生産コスト削減」を目的としており、科学技術や農薬は容認されている例もある

・日本で行われている「不耕栽培」は、科学技術も使わず、まさに「自然と一体」で行われる栽培ゆえ普及が難しい

…と、雑草と野菜の生き残り競争など、「耕さない」とはいえ決して手軽にできるものでもない!ということが分かりました!

 

今回からは、実際に「不耕栽培」に取り組んでいる農家さんや団体の紹介に入っていきます。

ここでは、実践している方の声や想いを知り、「なぜ、不耕栽培に取り組むのか?」「不耕栽培の可能性」について探索していきます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "【不耕栽培の可能性】エピソード2~不耕起栽培の実践事例①★大阪の学習塾が営む「農業塾」から~"

posted by sakai-r at : 2022年12月29日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List   

2022年12月25日

【「食べる」と「健康」その本質に迫る】その3~生物はいつから「食べる」ことを始めたのか?

前回の記事では、土壌微生物に注目しながら、「食べる」という行為について考察しました。

土壌生物や動物の「食べる」という行為は、自分たちが成長したり繁殖するだけでなく、周囲の生物との共存のための環境を作る意味を持っているようです。

 

今回の記事では、もう少し時代をさかのぼり、「食べる」という行為がいつ、どこから始まったのかを見ていきたいと思います。

そこから、食べることの意味を深堀りします。

ソース画像を表示

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

続きを読む "【「食べる」と「健康」その本質に迫る】その3~生物はいつから「食べる」ことを始めたのか?"

posted by o-yasu at : 2022年12月25日 | コメント (0件) | トラックバック (0) List